地域に根差した永寿として在り続け,日に新たにお客様が望むサービスを生み出しま す.                                                Facebook マイナビ2018年度採用 お問い合わせ

HOME | ひなたぼっこ

施設案内

高齢者施設

特別養護老人ホーム 喜連         特別養護老人ホーム 長吉      長吉西地域在宅サービスステーション 

永寿特別養護老人ホーム          永寿ケアセンター                               永寿平野西の家

知的障がい者施設

永寿の里 若葉           永寿の里 彩羽           永寿ホーム あおぎり       

永寿ホームヘルプセンター しおり     相談支援事業 かけはし       ひなたぼっこ

地域包括支援センター

長吉地域包括支援センター      瓜破地域包括支援センター


ひなたぼっこ

〒547-0014 大阪市平野区長吉川辺3-20-14   
TEL: 06-6706-1700  FAX:06-6706-1777

送迎サービス
平日:車両にて、学校にお迎えに行き、帰りはご自宅までお送りします。(要相談で、平日もご自宅にお迎えに行くことも可能です。)学校休業期間、または土曜日、祝日:自宅まで送り迎え致します。
相談支援事業所(かけはし)との連携
事業所利用だけでなく、利用できる制度や将来のことなど、相談できる場として相談支援事業も利用していただけます。
おやつ・昼食提供サービス
ひなたぼっこでは、毎日おやつ(1日50円)を食べています。その日のおやつは、みんなで一緒にコンビニやスーパーで買いに行っています。休日、午前中までの授業の時には、お弁当(1日600円)の提供があります。近くのお弁当屋さんで注文しています。アレルギー・食事制限などある方は、お弁当を持参していただくこともできます。
その場合は、ご相談ください。

スヌーズレン

スヌーズレンは、オランダ語の「クンクン匂いを嗅ぐ」「ウトウトする」という用語を組み合わせた造語です。知的に障がいのある方は「見る」「聞く」「触る」という感覚を重視して世界を捉えています。スヌーズレンは、感覚への心地よい刺激を通して、リラクゼーションを図るプログラムです。光の刺激(光ファイバー、バブルチューブ)、ハンモック、ジャンピングマット、ドレミマットなど、感覚を刺激する遊具がたくさん用意されています。 
 

制作活動

季節にあった制作をしたり、アイロンビーズやプラ板を使用して好きなキャラクターを作ったりしています。他にもぬりえやお絵かきなど、自由に楽しむことができます。
 

屋外活動

ひなたぼっこには、屋上とグラウンドが併設されているため、屋外活動が充実しています。屋上では、キックボードやスケートボード、シャボン玉などで遊び、グラウンドではサッカーや野球、テニスなどを楽しむことができます。夏には屋上でプール活動をして、夏の暑さを乗り切りました!学校休業日には、近くの公園にお散歩に行くこともあり、たくさん体を動かして遊んでもらっています! 
 

室内遊び

スヌーズレンだけでなく、積み木やかるたなどのカードゲーム、エアーホッケー、本、人形遊びなど、室内遊びも充実しています!遊びたい時に、自由に出して遊ぶことができたり、ソファにゴロンと横になり、ゆっくり過ごしている子どもたちもいます。


ひなたぼっこは、定員10名の放課後等デイサービスです。学校在学中の障がいのある児童が、放課後や夏休み等の休暇中に、楽しく過ごせる居場所作りを行なっています。ひなたぼっこでは、特にオランダで生まれたスヌーズレンの取り組みに力を入れています。
 
また、併設のグラウンドや屋上、建物裏に大和川河川敷があり、屋外活動の環境にも恵まれています。
 
子どもたちにとって、温かく、くつろげる空間を目指しています!

 

利用日・利用時間
月曜日~金曜日……放課後から午後6時まで
学校休業日または土曜日、祝日……午前9時から午後4時まで
定員・利用対象】(定員10名)
ひなたぼっこの近隣の支援学校・支援学級に通う児童が対象となります。
支援学校:西浦支援学校/大阪教育大付属特別支援学校
支援学級:松原市/藤井寺市/大阪市平野区の小中学校
※また、ご自宅についても、松原市/藤井寺市/大阪市平野区周辺の方を対象とさせていただきます。


スヌーズレン
「スヌーズレン」は、オランダ語の「クンクン匂いを嗅ぐ」「ウトウトする」という用語を組み合わせた造語です。知的に障がいのある方は「見る」「聞く」「触る」という感覚を重視して世界を捉えています。
 
スヌーズレンは、感覚への心地よい刺激を通して、リラクゼーションを図るプログラムです。
 
光の刺激(光ファイバー、バブルチューブ)、ハンモック、ジャンピングマット、ドレミマットなど、感覚を刺激する遊具がたくさん用意されています。


制作活動
季節にあった制作をしたり、アイロンビーズやプラ板を使用して好きなキャラクターを作ったりしています。
他にもぬりえやお絵かきなど、自由に楽しむことができます。
 
 
 
 
 

 
屋外活動
ひなたぼっこには、屋上とグラウンドが併設されているため、屋外活動が充実しています。屋上では、キックボードやスケートボード、シャボン玉などで遊び、グラウンドではサッカーや野球、テニスなどを楽しむことができます。夏には屋上でプール活動をして、夏の暑さを乗り切りました!
 
学校休業日には、近くの公園にお散歩に行くこともあり、たくさん体を動かして遊んでもらっています!
 
 
 
 

 
室内遊び
ヌーズレンだけでなく、積み木やかるたなどのカードゲーム、エアーホッケー、本、人形遊びなど、室内遊びも充実しています!遊びたい時に、自由に出して遊ぶことができたり、ソファにゴロンと横になり、ゆっくり過ごしている子どもたちもいます。
 
 
 
 

送迎サービス
平日:車両にて、学校にお迎えに行き、帰りはご自宅までお送りします。
(要相談で、平日もご自宅にお迎えに行くことも可能です。)
学校休業期間、または土曜日、祝日:自宅まで送り迎え致します。
 
相談支援事業所(かけはし)との連携
ひなたぼっこでは、毎日おやつ(1日 50円)を食べています。その日のおやつは、みんなで一緒にコンビニやスーパーで買いに行っています。休日、午前中までの授業の時には、お弁当(1日600円)の提供があります。近くのお弁当屋さんで注文しています。
 
アレルギー・食事制限などある方は、お弁当を持参していただくこともできます。その場合は、ご相談ください。
 
  
  
子育て応援講座の開講
障がいがある子どもを育てているご家族を対象に、子育てについての講座を 3カ月に1回のペースで開いております。
 
みなさんの「知りたい!」というご意見のもとに毎回講師を招き、お話ししていただいております。
 
子育ての不安、子どもの将来について、制度についてなど、保護者様の悩みや疑問に寄り添った講座となっております。
 
一人で抱え込まず、お気軽にご参加くださいませ。